t.5.gif

阿佐ヶ谷駅から徒4分 阿佐ヶ谷 美容室 ラフールの オフィシャルウェブサイトはこちらから>>

阿佐ヶ谷でヘアサロンを始めて今年で18年になります。


地域密着型スタイルで、ヘアスタイルと会話を中心 としたお客様第一主義で日々安全な薬剤を使いカラー、パーマ、カットしております!


*当店の人気メニュー、ヘナを扱ってから27年の経験がありますので、地肌が弱い方、髪のダメージ・ハリ・コシが気になる方、気軽のご相談ください!


当店が使用していますヘナ「THE HERB」は、ナチュラル100%にこだわっています。

ヘナ&ハーブカラーは髪のダメージや健康を考えた全く新しいカラーです。

髪の質感が変わります!

植物に含まれているタンニン酸により、ハーブの色素が髪の成分であるタンパク質に吸着して酸化し、発色します。


この原理は従来のヘナと一緒ですが、数種類のハーブを使用することでさらに質感が良くなります。


それは、ハーブに含まれる油分や保湿成分の働きによるものです。 またヘナと比べるときしみも少なく、シャンプーやブラッシングによる適度な摩擦によって、ツヤや手触りがさらに良くなります。


こちらはサロンの最近の情報発信Blogです

2015年05月31日

ヘナ&ハーブ ●ウォード(Isatis tinctoria) 阿佐ヶ谷 美容室 La foule

●ウォード(Isatis tinctoria)
やや大型の2年草で、草丈は70cmほどになる。披針形の葉で花は小さく黄色で総状花序につく。果実は平たい楕円形で下垂する。中世には葉を藍色染料の原料として栽培されていた。根や茎、葉を煎じて服用すると解熱、解毒作用がある。また民間では黄疸にも用いられていた。
効用 解熱、解毒作用
posted by ラフール at 22:48 | TrackBack(0) | *ヘナ

2015年05月29日

ヘナ&ハーブ ●サンダルウッド/ビャクダン(Santalum album) 阿佐ヶ谷 美容室 La foule

10mに育つ半寄生性の常緑樹。葉は皮針形で、淡黄から紫色の花が花序をなし、小さな黒色に近い果実を結ぶ。
東インド原産、東南アジアでは材と精油のために栽培されている。木は1年を通じて採取される。
中国やインドでは、ビャクダンの香りは高貴なものとして、何千年もの間あがめられてきた。木部はしばしば香としてたかれ、ヒンドゥー教の儀式で重要な役目を果たす。心材は特に香水に用いられるが、中国では紀元500年頃から薬としても使われてきた。
ビャクダンとその精油は防腐性を持つことから、膀胱炎や淋病といった泌尿生殖器系の治療に使用される。アーユルヴェーダ医学では、材の練り薬が発疹や皮膚のかゆみを和らげるのに用いられる。中国では胸部、腹部の痛みに有効とされる。
効用 皮膚のカユミを和らげる、鎮痛作用
主成分 3〜6%の揮発油(主にセスキテルポノール、α・βサンタロールからなる)、樹脂、タンニン
posted by ラフール at 20:15 | TrackBack(0) | *ヘナ

2015年05月24日

ヘナ&ハーブ ●ニーム(Azadirachta indica) 阿佐ヶ谷 美容室 La foule

●ニーム(Azadirachta indica)

大きな常緑樹で16mほどに生育する。複葉で小型の白い花を持つ。
インドやスリランカの森林地帯が原産であるが、現在はインドネシアやオーストラリア、西アフリカを含むほかの熱帯地域でも自生している。
ニームノキはインドで古来アーユルヴァ−や民間伝承に使われていたほか、今でも植物療法に頻繁に使われる薬木の1つに数えられる。
インドにおける薬方を考えれば、ニームノキの木はすべての部位が薬用にでき、苦く収斂作用のある樹皮の煎液を痔に用いる。葉の煎液はマラリアや胃潰瘍、寄生虫に用いられてきた。葉の絞り汁、煎液または軟膏は潰瘍、傷、はれもの、湿疹やにきびに外用する。小枝歯をきれいにするのに用い、歯肉を引き締めて歯周病を予防する。ニームノキの油は種子から抽出し、主に髪油に用いる。強い抗菌作用、抗ウィルス作用があり、しらみや他の害虫を寄せ付けない。
またこの油はハンセン氏病の治療に用いられ、他の有効成分の媒体として使われている。樹液はハンセン氏病に対するもう一種の伝統的外用処方である。 近年の調査ではニームノキの油は解熱及び血糖値降下作用が証明された。種子は殺精子剤にもなるので男女の避妊具として現在開発中である。
効用 抗菌作用、抗ウィルス作用、解熱作用、血糖値降下作用




posted by ラフール at 19:20 | TrackBack(0) | *ヘナ